1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TDシネックス、「Chromeデバイスライセンス管理ツール」の無償提供を開始

2022年9月7日

TDシネックス、「Chromeデバイスライセンス管理ツール」の無償提供を開始

TDシネックスは6日、全国に向け、「Chromeデバイスライセンス管理ツール」の無償提供を開始した。

同ツールは、GIGAスクール構想により教育機関で一気に普及が進んだ「Chromebook」の運用管理をシンプルに行うためのもので、Google スプレッドシートと Google Apps Script を使って同社が開発・無償提供。

Chrome Enterprise Upgrade、Chrome Education Upgradeは、購入するとGoogle Workspace の組織に割り当てられる。

Chromeデバイスも部門ごとに割り当てをすることができるが、ライセンス自体は組織に割り当てられ、部門内で割り当てられたライセンス数以上に端末をアクティベートできてしまうことがあり、本来利用する予定だった部門でライセンスが不足するケースが発生してしまう。

だが、同ツールを利用することで、各部門でどれくらいのライセンスがアクティベートされているかを把握。ライセンス数を超えてアクティベートしている部門を管理者が把握して、利用制限できるようになる。

また、同ツールは、スプレッドシートとGoogle Apps Scriptで構成されており、インストールなどの作業は必要ない。

「Chromeデバイスライセンス管理ツール」の機能

・現在Google Workspaceに登録されている部門を取り込む
・取り込んだ部門の中で必要な部門のみChromeのライセンス数を取得
・部門ごとにライセンスの上限数を設定し、取得したライセンス数が上限を超えていないか確認する
・上限ライセンス数を超えていた場合には、管理者にメール通知するか、その部門のデバイ
ス登録担当者のアカウントのパスワードを変更し、追加のアクティベートが出来ないように制限
・パスワード変更が完了した場合、失敗した場合には管理者向けにメールを送信

詳細

関連URL

TDシネックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス