1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ノーコードスクールSwooo、「プログラミング挫折者」向けにキャンペーンを実施 

2022年11月2日

ノーコードスクールSwooo、「プログラミング挫折者」向けにキャンペーンを実施 

ゼロイチスタートは10日、 実務レベルのノーコード開発が学べるノーコードスクール「Swooo BootCamp」が、プログラミング挫折者向けにキャンペーンを実施すると発表した。

過去にプログラミングを勉強した経験があり「プログラミングが難しい」と感じたことのある人を対象に、ノーコードスクール「Swooo BootCamp」の全プランが10%OFFで受講可能になる。

「Swooo BootCamp」とは、システム開発サービス「Swooo」が提供する、実務レベルのノーコード開発が学べるオンラインスクール。

ノーコードツールの中でも、最も代表的なツール「Bubble」を使って、アプリ開発を学習していく。アプリ開発支援・返金保証付きで、安心して学習に取り組める。

プログラミングの挫折率は90%といわれる。10人がプログラミングを学習したら、そのうち9人が挫折してしまう計算になる。10人に1人が挫折する大きな理由の1つは「1個のアプリを開発するのに、覚えなければいけないことが多すぎるから」があげられる。環境構築、フロントエンド言語、サーバーサイド言語、データベース、インフラ、バージョン管理なと、覚えなければならないことが多い。

それらの課題を解決するのが「ノーコード」で、プログラミングの知識がなくても、Webアプリケーションを開発できる。ノーコードを使えば、GUI(画面操作)のみでWebアプリケーションの制作が可能になる。

中でもノーコードツール「Bubble」は汎用性の高い開発が可能で、作りたいアプリのほとんどはBubbleで開発ができる。プログラミングと比べると覚えることも少なく、楽しくアプリ開発に取り組める。同社では、「プログラミング挫折者にノーコード開発という存在を知ってもらい、楽しくアプリ開発できるような環境を提供したい」という思いから、同キャンペーンを実施するという。

キャンペーン参加方法
「Swooo BootCamp」公式ページへ移動
②LINEの友だち登録し、「挫折」とメッセージを送る
③無料相談にて、申し込みする

関連URL

「Swooo BootCamp」

ゼロイチスタート

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス