1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AMATELUS、「自由視点映像および多視点映像」を利用した学習成果の検証結果を発表

2023年5月23日

AMATELUS、「自由視点映像および多視点映像」を利用した学習成果の検証結果を発表

AMATELUSは22日、スポーツおよび保育人材育成における先端技術「自由視点映像および多視点映像(SwipeVideo)」を利用した学習成果検証事業の結果報告を行った。

同社では、文部科学省委託事業「専修学校における先端技術利活用実証研究」において2020年度からの3年間、東京リゾート&スポーツ専門学校とともに、スポーツおよび保育人材育成における先端技術を利用した学習成果検証事業を展開してきた。

昨年度は、スポーツ分野において、フィットネスクラブやスポーツ現場でのインターンを控えた専門学校生を対象に、接客を含むトレーニングサポートの優先順位を考えられる学習テンプレートを開発した。トレーニング機材で死角となる箇所にカメラを配置してSwipeVideoの撮影を行うことで、定点で全体を俯瞰できる360度動画と対比的な教材動画を制作。それら2種類の教材動画を組み合わせることで、実習先では自ら動き回り、個々の利用者の観察と全体を見回す力の両方が必要となることを体験できる学習テンプレートとなっている。

また保育分野においては、保育所での実習を控えた専門学校生を対象に、子どもの様子観察や危機予測ができる学習テンプレートを開発した。園児の表情やしぐさを捉えられよう、園児の顔の高さで保育室を取り囲むようにカメラを配置して360度動画と対比的な教材動画を制作。それら2種類の教材動画を組み合わせることで、実習先では自ら動きまわり、園児や保育者の行動の観察と全体を見回す力の両方が必要となることを体験できる学習テンプレートとなっている。

こうした検証の結果、360度動画と自由視点動画での観察を組み合わせことで、いずれの動画を視聴する場合でも、生徒から高い集中度を引き出せることが分かった。また、パソコンやプロジェクターといった機材の違いにかかわらず実習先での行動イメージの醸成ができ、アクティブラーニングを取り入れたことも相俟って成長実感の醸成も可能であることが明らかとなった。

関連URL

「SwipeVideo」

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス