1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. tech boost、ITエンジニアを最短距離で目指す“学習サポート体制”へアップデート

2023年5月23日

tech boost、ITエンジニアを最短距離で目指す“学習サポート体制”へアップデート

Branding Engineerは19日、初心者から始められる、オンラインでも充実サポートの実践型プログラミングスクール 「tech boost」で学習サポート体制をアップデートしたことを発表した。

現在の日本国内ではIT人材需給に問題を抱えており、政府は企業と個人に対してリスキリング支援策を推進している。総務省の調査よれば、2016年と比較し2021年においてリスキリングの学習者は増加しているものの、一人当たりが1日に学業以外の学習にかける時間は変わらないことが調査結果で判明した。

「tech boost」は、かねてより「長期的な時代変化に対応できるフリーランスエンジニア」を目指せるようサービスの向上とリスキリングの機会を創出。個人の学習にあてられる時間が限られている中でリスキリング推進を支援していくために、受講生一人ひとりの生活スタイルに合わせ、確実かつ効率的に学習を進めてキャリアを掴むためのカリキュラムやサポート体制の強化が必要であると考え、今回「新学習サポート体制」へとサービス内容をアップデートした。

新学習サポート体制における「tech boost」は、入学式・顔合わせ・学習スタートまでのサイクルで、一人ひとりのスタイルに合わせた学習プランを算出。オンライン上で365日24時間受講可能。週1回以上の現役エンジニアによるメンタリングサポートで、カリキュラムの不明点や学習進捗を相談できる。また、転職・独立支援に繋げていくための支援やBranding Engineerが提供するサービスとの連動により、密なキャリアサポートもする。

関連URL

「tech boost」

Branding Engineer

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス