1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 国立高専全51校が「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定

2023年9月22日

国立高専全51校が「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定

国立高等専門学校機構は20日、文部科学省が2023年度に実施する「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」の募集に、全国の9の国立高等専門学校が申請し、9件が認定されたと発表した。これにより2022年度までの42件と合わせて、国立高専全51校の教育プログラムが認定された。また、自らの専門分野への数理・データサイエンス・AIの応用基礎力を習得することを目指す同認定制度(応用基礎レベル)に5校5件申請し、全て認定されている。

同機構では、この認定制度が始まる前から社会の潮流を捉え、高専発の「Society5.0型未来技術人財」育成事業を進めていた。中でも「K-DASH」プロジェクトでは、AIやビッグデータなどの技術を組み合わせる実装力を身につけた人材育成としての高度化を図り、各高専と連携してSociety5.0時代における高専教育の質保証と人材育成に取り組んでいる。この取り組みが、国立高専全51校の教育プログラムが認定を受けることにつながった。

認定された教育プログラムの中から、先導的で独自の工夫・特色を有するものは「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)プラス」として全国の大学・高専等から25件が選定。国立高専からは長岡高専と富山高専の2校が選定された。

また、一定規模の大学・高専生(年間約25万人)が自らの専門分野への数理・データサイエンス・AIの応用基礎力を習得することを目指す「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(応用基礎レベル)」の公募も2022年度から開始。2022年度には68件、2023年度には83件が認定され、そのうち国立高専からは8校(苫小牧・旭川・富山・石川・鳥羽・明石・久留米・佐世保高専)12件の教育プログラムが認定された。

関連URL

国立高等専門学校機構

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス