1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ミスミグループ、「学生ものづくり支援」の選考を通過した団体に商品提供開始

2024年1月11日

ミスミグループ、「学生ものづくり支援」の選考を通過した団体に商品提供開始

ミスミグループ本社は10日、2023年度「ミスミ学生ものづくり支援」の選考を通過した学生団体への商品提供を開始した。

今年度も、10万円相当の商品を提供する「特別支援」の対象として10団体、5万円相当の商品を提供する「通常支援」の対象として100団体の合計110の学生団体を選出した。

「特別支援団体」の具体的な活動例は、国際ロボットコンテスト参加、宇宙エレベーター開発、ロット搭載衛星開発、ハイブリッドロケット開発、太陽光励起レーザー開発など。また、「通常支援団体」の活動例は、ロボットコンテスト参加、フォーミュラ大会参加、ロケット開発、農業用ロボット開発など。

ミスミ学生ものづくり支援は、「工学系ものづくり」に挑戦する学生団体を対象に毎年公募を行い、選考を通過した団体に同社の商品を無償で提供するプログラム。

3000万点を超える商品点数、受注製作品のサイズ違いを含めると「800垓(1兆の800億倍)」を超える同社の商品バリエーションの中から、希望の商品を選定するだけでなく、機械部品の3DデータをアップロードするだけでAIが即時に価格と納期を回答する機械部品調達のAIプラットフォーム「meviy」(メビー)で設計者が個別に設計する「特注対応品」を手配することもできる。

【支援の概要】
商品提供期間:1月10日(水)~2月16日(金)
支援対象:選考を通過した「工学系のものづくり」に取り組む学生団体(高校、高専、専門学校、短大、大学、大学院など)合計110団体(特別支援:10団体、通常支援:100団体)
支援内容:
・「通常支援」1団体につき5万円相当のミスミ商品
・「特別支援」1団体につき10万円相当のミスミ商品

詳細

関連URL

ミスミグループ本社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス