1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 内田洋行とGMOグローバルサイン・HD、公共・文教のDX推進に向けて協業を開始

2024年2月5日

内田洋行とGMOグローバルサイン・HD、公共・文教のDX推進に向けて協業を開始

内田洋行は2日、GMOグローバルサイン・ホールディングスと、2月1日からDX推進に向けた公共・文教の電子契約・電子署名で協業することで合意し、両社が提供するサービスを連携した提案販売を強化すると発表した。


内田洋行は、自治体のDX推進を支援する総合内部情報パッケージシステム「e-ActiveStaff(イーアクティブスタッフ)」と、電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」の連携、大学・高等教育機関向けの証明書自動発行機「パピルスメイト」と「電子署名・タイムスタンプサービス」とを連携する。

今後、自治体では、行政サービスの高度化と住民の利便性を高めるため、デジタル化から業務変革へと自治体のDX推進が急速に求められるため、内田洋行は「e-ActiveStaff」とGMOグローバルサイン・HDが提供する電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」とを連携した新サービスを4月1日から提供開始する。

関連URL

「e-ActiveStaff」

内田洋行

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス