1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. キヤノンITソリューションズ、公立小中学校向け業務効率化サービス「in Campus School IS」を提供開始

2024年2月13日

キヤノンITソリューションズ、公立小中学校向け業務効率化サービス「in Campus School IS」を提供開始

キヤノンITソリューションズは9日、教育機関向けソリューション「in Campusシリーズ」の公立小中学校向け新サービス「in Campus School IS」を2月29日から提供開始すると発表した。


学校および教職員の課題である働き方改革と業務効率化を推進し、個別最適な学びと協働的な学びの充実に貢献するために、公立の小中学校で多く採用されているGoogle Workspace for Educationと連携可能な新サービスの提供を開始する。

in Campus School ISは、教職員の日々の業務を効率化/高度化し学校のICT活用を促進する10種類以上のDXモジュールからなり、契約後も常に最新のDXモジュールが利用できるSaaSサブスクリプション型のサービスとなっている。2022年12月に資本業務提携契約を締結したチエル社が開発を担い、キヤノンITSが独占販売権を保有する。

同サービスにより、教職員は日々の業務(計画/出欠/授業/報告)においてDXモジュールの活用により作業工程を削減できるほか、保護者は学校での活動状況の確認や出欠/遅刻/早退連絡を専用のアプリケーションから簡単に行える。また教育委員会は、学校横断で統一されたフォーマットによる情報が閲覧でき、情報/内容の統一化が図れる。

価格(税別)は児童/生徒1ライセンス50円/月、教職員1ライセンス150円/月。初期導入費用は個別見積もりとなる。

製品仕様

関連URL

キヤノンITソリューションズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス