1. トップ
  2. 動画ニュース
  3. iTeachers TV Vol.349 日本大学櫻丘高等学校 田中忠司 先生(前編)

2023年2月9日

iTeachers TV Vol.349 日本大学櫻丘高等学校 田中忠司 先生(前編)

iTeachersとiTeachers Academyは8日、iTeachers TV Vol.349 日本大学櫻丘高等学校 田中忠司 先生による「Before/After コロナのICT活用について(前編)」を公開した。

2015年以降、全国の日本大学付属高校が次々にICTを導入・推進する中、日本大学櫻丘高等学校では2018年に本格導入した。しかしさまざまな要因が重なり、なかなか活用が進まずにいた。ところが、2020年の新型コロナウイルス蔓延による休校措置をきっかけに、日常的なハイフレックス授業の展開、デバイスやルールの見直し、授業内外での活用拡大など、急速にICT活用が進み、現在ではICTが生徒・先生両方にとって「学校生活のパートナー」として位置付けられている。

田中先生は、情報科教諭。校内のICT環境整備や情報教育における高大連携などを担当。また、所属系列校を対象に有志のICT勉強会を主宰し、教育活動でのICT活用の普及に努めている。Google for Education 認定トレーナー。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、千葉県立市川工業高等学校の片岡伸一 先生による「AI画像生成でちょこっと英語入門」。

片岡先生は、少年時代からPC6001やX1に触れ、PC98、DOS/Vを経て、大学の技術支援担当時からHP200LX、Palm、Windows CE等の携帯端末の教育環境への導入を模索。iPadを発売日の翌週より授業に導入し、現在では、iPadとCloud環境を効果的に活用する校内システムを研究。専門は経営工学。AFP(日本FP協会認定)。

iT-Lv2

□ Before/After コロナのICT活用について(前編)

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス