1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. D2C/中高生向けスマホアプリ開発コンテストの決勝戦を29日実施

2013年9月20日

D2C/中高生向けスマホアプリ開発コンテストの決勝戦を29日実施

D2Cは、全国の中高生を対象としたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2013」の決勝戦を、29日に東京港区のD2C本社セミナールームで実施する。

決勝戦では、12組の小学生から高校生までの開発者が公開プレゼンテーションを行い、5名の審査員が、企画力と実装力の観点から優秀な作品を選出、表彰する。

一般の観覧者も、生徒たちによるプレゼンテーションを聞いたり、作品の数々をスマートフォン上で実際に操作したりすることが可能。

「アプリ甲子園」は、文部科学省の後援で2011年からスタートした中高生のためのスマートフォンアプリ開発のコンテスト。

7月1日から8月31日まで、全国の中高生が開発したiPhoneやAndroidに対応するスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向け含む)を公式サイトで募集。533件の作品の応募が集まり、6日に予選審査を実施し、決勝進出者12組が選出された。

関連URL

公式ウェブサイト
フェイスブックページ

問い合わせ先

D2C

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス