1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 中高生のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園 2018」応募受付を開始

2018年7月2日

中高生のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園 2018」応募受付を開始

D2Cは、全国の中高生を対象にした、スマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園 2018」を開催、応募の受付を開始した。

appko2018_star_gold「アプリ甲子園」は、全国の中高生が開発した、iPhoneや Android端末に対応するスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向けアプリも含む)を広く募集し、その企画力と実装力の観点から優秀な作品を選出し表彰するもの。中高生向けのアプリ開発コンテストとしては日本最大級で、今年で 8 回目の開催となりる。

今年はこれまでの「開発部門」に加え、「アイディア部門」を新設。アイディア部門はアプリの企画力を競う部門で、「先生にプレゼントしたいアプリ」をテーマに新しいアプリの企画アイディアを募集する。

審査員の厳正な審査を勝ち抜いた 1 作品には、「最優秀アイディア賞」が贈られるほか、一般投票で人気の高かった作品には「オーディエンス賞」が贈られる。開発まではできないけれど、アイディアなら自信がある、そんな発想力豊かな中高生たちの応募を期待しているという。

「開発部門」の優勝者には、総務大臣賞が授与される他、審査員による審査とは別に特別企業賞を設け、対象者には各企業が提供する副賞も授与される。

「開発部門」「アイディア部門」とも、公式ウェブサイトで、7月1日から 8月31日まで応募を受け付ける。10月14日に行われる決勝大会では、「開発部門」の一次選考、二次選考を勝ち抜いた10 組がプレゼンテーションを行う。また同決勝大会では、「アイディア部門」で最優秀アイディア賞とオーディエンス賞に輝いた2組も作品発表(プレゼンテーション)を行う。

関連URL

公式ウェブサイト

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス