1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 中高生のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園 2018」応募受付を開始

2018年7月2日

中高生のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園 2018」応募受付を開始

D2Cは、全国の中高生を対象にした、スマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園 2018」を開催、応募の受付を開始した。

appko2018_star_gold「アプリ甲子園」は、全国の中高生が開発した、iPhoneや Android端末に対応するスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向けアプリも含む)を広く募集し、その企画力と実装力の観点から優秀な作品を選出し表彰するもの。中高生向けのアプリ開発コンテストとしては日本最大級で、今年で 8 回目の開催となりる。

今年はこれまでの「開発部門」に加え、「アイディア部門」を新設。アイディア部門はアプリの企画力を競う部門で、「先生にプレゼントしたいアプリ」をテーマに新しいアプリの企画アイディアを募集する。

審査員の厳正な審査を勝ち抜いた 1 作品には、「最優秀アイディア賞」が贈られるほか、一般投票で人気の高かった作品には「オーディエンス賞」が贈られる。開発まではできないけれど、アイディアなら自信がある、そんな発想力豊かな中高生たちの応募を期待しているという。

「開発部門」の優勝者には、総務大臣賞が授与される他、審査員による審査とは別に特別企業賞を設け、対象者には各企業が提供する副賞も授与される。

「開発部門」「アイディア部門」とも、公式ウェブサイトで、7月1日から 8月31日まで応募を受け付ける。10月14日に行われる決勝大会では、「開発部門」の一次選考、二次選考を勝ち抜いた10 組がプレゼンテーションを行う。また同決勝大会では、「アイディア部門」で最優秀アイディア賞とオーディエンス賞に輝いた2組も作品発表(プレゼンテーション)を行う。

関連URL

公式ウェブサイト

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録