1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ワオ・コーポレーション/知育アプリを使った親子対話の研究を開始

2013年10月15日

ワオ・コーポレーション/知育アプリを使った親子対話の研究を開始

ワオ・コーポレーションは10日、知育アプリ「タッチ!あそベビー」に「親子対話研究」コンテンツを搭載し、10月1日に配信を開始したと発表した。

「タッチ!あそベビー」は、0歳から使える未就学児向けのアプリ。
様々なイラストをタッチしながら、音、形、色の変化を体験し、子どもの生活シーンへの興味を広げる。対応端末はiOS4.3以上のiPhone、iPod touch、iPad。Android2.2以上のスマートフォン、タブレット。

「タッチ!あそベビー」画面

今回、東京大学の開一夫教授研究室、アニモと共同で、子どもたちの発育に役立つ親子対話の研究のために、「親子対話研究」コンテンツを搭載。
子どもに話しかける音声やアプリ操作履歴などの対話データを記録し、利用者の同意の上で、クラウドにアップロードし、研究に活用する。

ワオ・コーポレーションがアプリケーションの開発、アニモが対話データの収集と分析を担当、研究代表者を開一夫教授が務める。

なお、研究は科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業の研究課題「ペダゴジカル・マシン:教え教えられる人工物の発達認知科学的基盤(研究代表者:開一夫(東京大学)、共同研究者:アニモ、東京学芸大学、東京工業大学、慶應義塾大学)」の一環として行われている。

関連URL

iOS版(App Store)

Android版(Google Play)

問い合わせ先

ワオ・コーポレーション

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス