1. トップ
  2. ツール・教材
  3. LB技研/モバイル実物投影セットを発表

2014年2月5日

LB技研/モバイル実物投影セットを発表

LB技研は、iPhone/iPadの画像をプロジェクターで瞬時に拡大表示できるモバイル実物投影セット「LBIR5100-i」を、28日に東京・代々木で開催される「教育の情報化」推進フォーラムで発表する。

モバイル実物投影セット

iPadなどで撮った写真やスクリーンショットした検索画像を、専用の赤外線通信アダプター「IrDock-F」からワイヤレス画像受信器「LBIR5100-c」に赤外線転送し、USB接続されたWindowsPCを介して、電子黒板やプロジェクターで瞬時に拡大表示することができる。

カメラが本体から分離した、カメラ可搬型の実物投影機(書画カメラ)として活用できる。

価格は税込み2万4990円。

問い合わせ先

LB技研
maekawa-harumi@nifty.com

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス