1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 佐賀県/2014年度の佐賀県教育の基本方針を発表

2014年4月3日

佐賀県/2014年度の佐賀県教育の基本方針を発表

佐賀県は1日、2014年度の佐賀県教育の基本方針を発表した。

その中で、ICT教育に関する各種の施策も記載。

一人5万円の負担が話題になった、県立高校の新入生によるタブレット端末の購入については、必要な額を貸与するために奨学金を引き上げるという。県立高校に入学してタブレット端末を購入する場合、育英資金の入学一時金を10万円から15万円に拡充するとともに、要件を満たす希望者全員に貸与できるように十分な採用枠を確保する。

また、学力向上対策や、不登校や新型インフルエンザ発生時など、通常の学校や教室での学習が困難な場合に備えるために、ICTを活用した遠隔授業の実証研究を充実させるほか、独自の教育情報システム「SEI-Net」の運用と機能の充実を図るなどの取り組みを示している。

関連URL

佐賀県

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス