1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. デジタルえほんとCANVAS/「第3回デジタルえほんアワード」の作品募集

2014年5月12日

デジタルえほんとCANVAS/「第3回デジタルえほんアワード」の作品募集

デジタルえほんとCANVASは、「第3回デジタルえほんアワード」を開催、6月20日まで作品の募集を行っている。

“デジタルえほん”は、タブレット、電子書籍リーダー、電子黒板・サイネージ、スマートフォンなどテレビやパソコン以外の新しい端末を使った、子ども向けのデジタル表現や教材のこと。

「デジタルえほん企画部門」では、イラストやストーリー、音楽など、子ども向けデジタル表現や教材の企画を募集している。

「デジタルえほん作品部門」では、アプリ、フラッシュ、ARなど、フォーマットや対応端末は問わず、審査する上で鑑賞可能なデジタル表現や教材を募集。

「たのしい」「みたことがない」「世界がひろがる」を基準に、脳科学者の茂木健一郎氏や、精神科医の香山リカ氏などが審査行う。

企画部門と作品部門のグランプリにはそれぞれ賞金20万円、企画部門と作品部門の準グランプリにはそれぞれ賞金5万円が贈られる。

関連URL

デジタルえほんアワード

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス