1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. U-22 プログラミング・コンテスト実行委員会/コンテスト参加募集を7月から開始

2014年6月12日

U-22 プログラミング・コンテスト実行委員会/コンテスト参加募集を7月から開始

U-22 プログラミング・コンテスト実行委員会は、若いプログラマーの育成を目的にした大会「U-22プログラミング・コンテスト」の参加募集を7月下旬から開始する。

プログラミング言語を使って作った、ユニークな発想や技術力を活かしたオリジナル作品を8月22日まで募集し、1次審査を実施。審査を通過した参加者が、10月5日に東京の秋葉原UDXで開催される最終審査会でプレゼンテーションを行い、経済産業大臣賞などの各賞を決定する。

経済産業大臣賞、経済産業省商務情報政策局長賞の受賞者には、10月6日に開催される情報化月間記念式典で表彰状を授与する。さらに、10月7日から開催されるCEATEC JAPAN 2014でも、入選作品の展示を行う予定。

また、各賞には奨学金などの副賞も用意されている。

概要

参加資格:日本国内に居住する、1992年4月2日以降に生まれた人
募集部門 :個人部門、団体部門
募集内容 :2013年9月1日以降に発表したオリジナル作品。ジャンルやプログラミング言語は特に問わないものとする。
開発形式:
・プログラミング言語による直接開発のほか、市販ライブラリや開発キット、オーサリングツールなどのソフトウェアも利用可。
・一般的なマシン環境で動作/再現できるものに限る(携帯電話で動作/再現できるものは審査の対象となる。スーパーコンピュータ、汎用機、ゲーム機、家庭用ゲーム機など、特別なマシン環境でのみ動作/再現するものは不可)。
・動作プラットフォームとしては Windows、Mac OS、GNU/Linux、Android、iOS を想定し、それ以外のプラットフォーム上でのみ動作する作品については、事前に事務局へ相談の上、検討・決定する。
・クラウド型プラットフォームを期間限定で無償提供予定。
各賞:経済産業大臣賞、商務情報政策局長賞及び CSAJ 会長賞、スポンサーによる企業賞、クラウド賞、モバイル賞など(副賞付き)

スケジュール

7月初旬~8月22日(金):作品応募期間
10月5日(日):最終審査会(会場:秋葉原 UDX)、表彰式
10月6日(月):情報化月間記念式典において経済産業大臣賞等の表彰
10月7日(火)~10月11日(土):CEATEC JAPAN 2014(会場:幕張メッセ)にいて受賞作品のパネル展示

関連URL

U-22プログラミング・コンテスト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス