1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所/小学生の子どもを持つ親の約6割が「携帯電話は必要」と回答

2014年8月25日

MMD研究所/小学生の子どもを持つ親の約6割が「携帯電話は必要」と回答

MMD研究所は、20歳~49歳の女性670人を対象に、「小学生の子供を持つ母親の携帯電話端末に関する利用実態調査」を実施した。

これによると、小学生の子どもに携帯電話端末を持たせる必要性について尋ねたところ、「必要性を感じる(やや感じるを含む)」の回答は57.0%となった。

その理由については、「災害や事故の時など緊急時に連絡が取れるようにしたいから」が77.0%、「子供がどこにいるかわかるようにしておきたいから」が63.6%、「塾などの習い事の際に連絡が取れるようにしたいから」が49.7%となった。

自身の子どもの携帯電話端末所有について聞いたところ、58.2%の母親が携帯電話端末を持たせていることが分かった。

さらに、子どもに携帯電話端末を持たせていないと回答した母親を対象に、子どもへの携帯電話端末購入意向を聞いたところ、「あまり購入したいとは思わない」「購入したいとは思わない」と合わせて、72.5%の母親が購入したいとは思わないと回答したことが分かった。

調査概要

期 間:2014年8月6日~8月8日(3日間)
有効回答:670人
調査方法:インターネット調査

問い合わせ先

MMD研究所

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス