1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NTT/視覚障がい者向けのスマートフォン文字入力ソフト

2014年8月25日

NTT/視覚障がい者向けのスマートフォン文字入力ソフト

日本電信電話(NTT)は21日、入力キーの位置が正確に捉えにくい視覚障がい者向けのスマートフォン文字入力ソフト(Move&Flick)を開発したと発表した。

スマートフォンの画面中央部分を指でタッチすると、フリック入力画面が表示され、指で触れた位置から、指を8方向のいずれかにスライドさせて子音を選択、そのあと、同じように指を8方向にスライドし母音を選択することで、ひらがなの入力が可能となる文字入力インタフェース。

従来のような画面に配置されるキーの位置を正確にタッチして、文字入力をする操作が不要となる。

また、画面の左右に、入力した文字を漢字変換する機能や、入力した文章を音声で読み上げる機能などを付加した。

これによって、文字変換や文章の編集のしやすさを向上させ、文字や文章の入力が正確かどうかの確認が可能となるという。

開発の過程で、障がい者雇用を促進しているNTTグループの特例子会社 NTTクラルティの社員など視覚障がい者約30名の意見を反映し開発した。

関連URL

利用イメージ(動画)
視覚障がい者向け解説ページ

問い合わせ先

日本電信電話 サービスイノベーション総合研究所
randd@lab.ntt.co.jp

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス