1. トップ
  2. ツール・教材
  3. JCCH/山形県教委が教職員の旅費・給与システム運用のためのサービス採用

2014年9月30日

JCCH/山形県教委が教職員の旅費・給与システム運用のためのサービス採用

JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、山形県教育委員会がプライベート認証局 「プライベートCA Gleas」と、F5ネットワークス社の SSL-VPN製品「BIG-IP APM」を採用したと発表した。

山形県教育委員会では、専用回線で小中学校をつなぎ教職員の旅費・給与システム(県システム)を運用していたが、自校で使える学校は全体の4分の1のみで、運用コストもかかるなど課題を抱えていたという。

これを解決するために、各小中学校が持つ既存のインターネット環境を活用し、インターネットVPN経由で県システムにアクセスする方法を選択。

併せて、他県でも同様の課題を解決した実績のあるBIG-IP APMと、モバイルデバイスにも対応する証明書の発行要求やダウンロードなどの管理業務ができるプライベート認証局製品であるGleasを選択した。

JCCH ・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業。

関連URL

導入事例 山形県教育委員会

問い合わせ先

CCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ
sales@jcch-sss.com

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス