1. トップ
  2. ツール・教材
  3. オリックス・レンテック/クラウドとタブレットで持ち運びできるビデオ会議環境

2015年1月6日

オリックス・レンテック/クラウドとタブレットで持ち運びできるビデオ会議環境

オリックス・レンテックは5日、法人向けタブレット端末活用サービス「TabRen」と、ユビテックが提供するクラウド型ビデオ会議システム「『CanSee』Powered by Vidyo」(CanSee)を組み合わせたレンタルサービスを開始すると発表した。

「CanSee」は、米Vidyo社の特許技術を活用した、高画質な映像と通信接続の安定性が特長のビデオ会議システム。クラウド型システムとタブレット端末を組み合わせ、持ち運び可能なビデオ会議環境を実現する。

教育機関による在宅学習など、さまざまな分野や用途での活用を想定している。

販売は「ルーム」というライセンス単位で行い、1ルームあたり最大25台の機器の同時接続が可能で、接続する機器を会議ごとに招待できる。

「TabRen」は、iPadなどのタブレット端末のレンタルに加え、業務に役立つさまざまな専用アプリやモバイルWiFiルーターなどをメニュー化し、月額の通信費も含めてワンストップで提供するサービス。

「CanSee」とのプランでは、1カ月からの短期契約も可能で、使途に合わせて利用できる。

関連URL

オリックス・レンテック

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス