1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 大阪市/約30億でタブレット端末整備などICT教育を推進

2015年2月18日

大阪市/約30億でタブレット端末整備などICT教育を推進

大阪市は17日、2015年度当初予算案を発表し、その中で約30億をかけ、タブレット端末40台を市内の全小中学校に整備するなど、ICT教育の推進に取り組む方針を明らかにした。

市は、2015年度当初予算案で、予算総額3兆9962億円のうち、「学校教育ICT活用事業」に29億5400万円を計上している。

2015年12月から、タブレット端末40台などの機器をモデル校以外の全小中学校に整備。ICTを効果的に活用した授業づくりを推進するために、50名の教員に対して、10台のタブレット端末などの機器を貸し出す。

全小中学校の校内LAN・インターネット回線の増強、クラウド構築などの環境整備を進めるとともに、機器の不具合などに対応するサービスデスクやICT支援員を準備。

また、現モデル校をICT先進的研究校として指定するとともに、新たにタブレット端末の通信方法や校内の LAN 環境や機器などの検証を行うモデル校として小学校8校、中学校4校を新たに指定する。

関連URL

大阪市

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス