1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 大阪市/市内の全小中学校にタブレット端末40台ずつ貸し出し

2014年5月2日

大阪市/市内の全小中学校にタブレット端末40台ずつ貸し出し

大阪市は4月25日、2014年度に市内の全小中学校に、1校当たり40台のタブレット端末を貸し出すと発表した。

大阪市は、最新のICT環境の中で生徒が教え合い学び合う協働的な学びを実現するため、2012年度から「学校教育ICT活用事業」を実施してきた。2014年度は、12月中を目処に、市内の全小中学校へ各校40台ずつタブレット端末の貸し出しを行い、2015年度に、市内の全小中学校でICTを活用した授業を展開する。

また、モデル校で効果検証を継続し、ICT教育の「大阪市スタンダードモデル」を作成するほか、教員のICT活用授業力を高めるために研修会を行う。

「学校教育ICT活用事業」のために、2014年度の補正予算として2億4846万円を拡充している。

関連URL

大阪市

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス