1. トップ
  2. データ・資料
  3. トレンド総研/ネットで浅く楽しくつながるデジタルネイティブ 調査結果

2015年2月20日

トレンド総研/ネットで浅く楽しくつながるデジタルネイティブ 調査結果

トレンド総研は19日、10代、20代のコミュニケーション事情をテーマに、調査結果や専門のコメントをまとめたレポートを発表した。

レポートでは、世代・トレンド評論家の牛窪恵氏へのインタビューに加え、15歳から29歳の男女500名を対象にしたインターネット調査の結果などを紹介している。

インターネット調査の結果では、友人とのコミュニケーションツールは、「LINE」「Twitter」「Facebook」などのソーシャルメディアがメール・電話を上回った。

また、新しいコミュニケーションツールを取り入れたことで、約8割が「コミュニケーションの仕方に変化があった」ことを実感。

ソーシャルメディア投稿の際は、「自分がどう見られているか」に加えて、約5人に1人が「できるだけおもしろい投稿」を意識していた。

今後利用したいソーシャルメディアは、1位「755」(33%)、2位「Instagram」(27%)、3位「ツイキャス」(25%)と続いた。

牛窪恵氏は、現在の10代、20代は、手足のようにソーシャルメディアを駆使し、周囲と”浅く楽しく”つながるデジタルネイティブだと述べている。

「意見を主張しすぎない=悪目立ちしない」ことが美徳で、互いに干渉しすぎず、思い立ったときに”ノリツッコミ”感覚で発信。

また、「ウケる」「ネタになる」ことを重視し、”大喜利”や”やじうま”的な投稿など、リアルでは体感できない距離感のコミュニケーションが成立していると分析する。

調査概要

調査期間:2015年1月17日~1月20日
調査方法:インターネット調査
調査実施機関:楽天リサーチ株式会社
調査対象:15~29歳 男女 500名 ※年代・性別に均等割付

関連URL

トレンド総研

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス