1. トップ
  2. データ・資料
  3. 東京工科大、新入生の連絡手段はほぼ全員が「LINE」

2017年5月18日

東京工科大、新入生の連絡手段はほぼ全員が「LINE」

東京工科大学は17日、2017年度の新入生1730人を対象に実施した「コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

同調査は2014年から実施しており、今回で4回目。

調査結果によると、SNSは、「LINE」(98.2%)と「Twitter」(81.5%)が前回に続き高い利用率を維持しており、主流として定着しつつある。また、「Instagram」(33.2%)は拡大傾向が続いているほか、手軽に画像の加工などができる「SNOW」(28.2%)は、新しいサービスながら「Facebook」(16.2%)を上回り、女子の利用率は「Instagram」(56%)に並んだ。

普段、友人とのメッセージのやり取りで利用している連絡方法

普段、友人とのメッセージのやり取りで利用している連絡方法

友人との連絡手段は、前回に続きほぼ全員が「LINE」(97.7%)。次いで「Twitterのダイレクトメッセージ」(41.1%)。一方「携帯・スマホのキャリアメール」(26.8%)は引き続き減少傾向で、男子は4人に1人以下(23.9%)。最も利用する連絡手段としても「LINE」(93.9%)に対し、同メール(1.4%)となった。

最も情報を信頼できるメディアは、情報源としての接触率が高い「テレビ」(53.8%)が最多で、女子では65%にのぼっている。次いで「新聞」(15.3%)、「インターネットニュース」(14.5%)。「Twitter」(7.7%)などのSNSは接触率に比べやや低い結果となった。

世の中の動きについて情報を得ているメディアは、上位の「テレビ」(84.7%)、「Twitter」(58.2%)が前回から同水準を維持。一方、ほぼ全員が利用している「LINE」(54.6%)が急増し、女子の7割近く(67.3%)がニュースメディアとして活用している。

スマートフォンはほぼ全員(97.4%)が所有しており、このうち7割が「iPhone」を使用。また、女子は男子よりも約1割多く8割近く(76.6%)となっている。

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス