1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセ/ELSメソッドを使った課外英語教育プログラムを東北大に提供

2015年8月7日

ベネッセ/ELSメソッドを使った課外英語教育プログラムを東北大に提供

ベネッセコーポレーションは6日、ELS Language Centers(ELS)の指導メソッドやカリキュラムを使った課外英語教育プログラムを、東北大学に提供すると発表した。

ベネッセは、大学の国際化へのニーズの高まりなどを受け、ELSのノウハウや知見を、スーパーグローバル大学向けの支援事業として日本国内で展開する。今回の東北大学へのプログラム提供は、その国内初となる取り組み。

プログラムは、通常授業期間中は課外授業としてTOEFL対策講座、長期休暇中は英語での研究論文執筆対策などの集中講座を提供し、カウンセリングや学習相談も行う。学年や専攻を問わず、幅広い英語学習のニーズに応える内容となっているという。

ELSは、ベルリッツコーポレーションの子会社である米・ELS Educational Services. Inc.が展開する全米最大の語学学校。ELSのプログラムは、英語を母国語としない学生に、高等教育機関における学習・研究で必要とされる英語力だけでなく、対話中心の授業等に対応できるスタディスキル(学習技術)を習得させることを目的としているのが特徴。

東北大学は、2014年度の文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」に採択され、その重要施策の一つとして、「グローバル人材育成推進事業」におけるこれまでの取り組みを発展、派遣留学の推進等を加速している。

学生の実践的な英語活用能力を育成し、海外留学や外国人(研究者・留学生)との学習・研究で必要となる「スタディスキル」を養成することを目的として、「Tohoku University English Academy」を設置し、その中核的な取り組みとして、ELSのプログラムが採択されることが決定した。

問い合わせ先

ベネッセホールディングス

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス