1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. みんなのラズパイコンテスト2015/藤田ニコル登壇して受賞作品発表会

2015年10月5日

みんなのラズパイコンテスト2015/藤田ニコル登壇して受賞作品発表会

日経BP社が東京ビッグサイトで開催した「ITpro EXPO 2015」で2日、イメージキャラクターの「にこるん」こと藤田ニコルが登壇して「みんなのラズパイコンテスト2015」の受賞作品発表会が行われた。

main

        撮影:BRONICA 吉岡教雄

イメージキャラクターに決まったとき「ラズパイ」をお菓子だと思っていたという藤田は、「最初は何で私が?って思ったけど、しっかり考えて選考しました。 難しそうだけど、やってみたい。きっと私ができれば、みなさんもできますよね」と笑顔を見せた。

「みんなのラズパイコンテスト」は、英国のラズベリーパイ財団(Raspberry Pi Foundation)が開発した安価で小型のコンピュータ「Raspberry Pi」(ラズパイ)を使った電子工作やアプリケーションのコンテストで、雑誌「日経Linux」と「日経ソフトウエア」が主催し、今年で2回目の開催となる。

下は10歳の小学生から上は68歳のシニアまで100件を超える応募があり、音楽や天体観測といった趣味の分野を題材にしたもの、日々の生活に役立つ工夫が満載のものなど、多岐にわたるアイデアや作品が集まった。

授賞式には「学生賞」、「アイデア賞」、「にこるん賞」、そして「グランプリ」受賞者が登壇。本年度のグランプリを獲得した大槻正樹さんは、「天体を静止画として長時間撮影できる装置」を作成。大槻さんは賞金10万円と賞状などを藤田から受け取り記念撮影に応じた。

sub1

     撮影:BRONICA 吉岡教雄

授賞式後の囲み取材で藤田は、「みなさんの作品を見て、私も作ってみたい気持ちが芽生えました」と言うと、「毎日カラコンを付けるので、自動でコンタクトを入れてくる装置を作りたい。女の子の時短に役立つものがいいですね。それで、 次回応募したいと思います!」と意気込んだ。

受賞作は10月に発売予定の雑誌「日経Linux」と「日経ソフトウエア」にも掲載される予定だという。

関連URL

みんなのラズパイコンテスト2015

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス