1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV/Vol.22 袖ヶ浦高校 永野 直先生(後編)を公開

2015年10月21日

iTeachers TV/Vol.22 袖ヶ浦高校 永野 直先生(後編)を公開

iTeachers TVは21日、iTeachers TV Vol.22、千葉県立袖ヶ浦高等学校の永野 直教諭による「これからの社会を生きる生徒たちと授業をつくる(後編)」を公開した。

情報通信技術を教育で活用するとき、その特性から様々な形が考えられる。効率化、マルチメディア教材、教材の個別化、遠隔教育、特別支援での利用など。袖ヶ浦高校の場合は学びの主体化、創造性、コミュニケーション能力の育成にそのねらいがある。

2020年にタブレットの1人1台の活用が目標に掲げられているが、端末を導入すればそのどれもが勝手に実現されるわけではない。これからどんな学びを目指していくのか、生徒の実態に合わせてそれぞれの学校、教員が真剣に考えていかなければならないと永野教諭は語る。

永野教諭は、1970年生まれ。千葉県公立高等学校教諭。2010年から袖ヶ浦高校へ赴任。翌2011年に「情報コミュニケーション科」を同校に新設。「10年先の未来型学習の実現」に向け、iPadの生徒1人1台の環境で実効力のある情報活用能力の育成教育を目指している。Apple Distinguished Educator Class of 2013。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科の小酒井 正和准教授による「授業で使える!ツール活用講座」。

小酒井准教授の専門は管理会計、IT マネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

□「これからの社会を生きる生徒たちと授業をつくる(後編)」

□「これからの社会を生きる生徒たちと授業をつくる(前編)」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス