1. トップ
  2. ツール・教材
  3. インテル/米国の教育現場の利用に最適な学習・開発ボードを提供

2015年10月22日

インテル/米国の教育現場の利用に最適な学習・開発ボードを提供

インテルコーポレーション(米)とオープンソース・エレクトロニクス・プラットフォームであるArduinoの創業者は18日、米国の初心者のメイカーや教育現場の利用に最適な学習・開発ボード「Arduino101」を発表した。

Arduino101は、超小型で低消費電力なインテルCurieモジュールを搭載した一般向け開発ボード。次世代の技術プロフェッショナル、起業家、イノベーターを育成するツールとして活用することができる。米国以外での製品名は「Genuino101」。

使いやすく基礎的な実習に最適な点に加え、インテルCurieモジュールの性能を活用してネットワーク接続やコンピューティング能力を備えたテクノロジー製品の試作に利用が可能。

Arduinoが開発、試験を行い、300以上の学校で採用されているCreative Technologies in the Classroom(CTC)のフィジカル・コンピューティングのコースにも採用される予定だという。CTCは、小学生と中学生向けの世界初の公式なフィジカル・コンピューティングのコース。

問い合わせ先

インテルコーポレーション

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス