1. トップ
  2. ツール・教材
  3. インテル/Arduino との連携を発表

2013年10月7日

インテル/Arduino との連携を発表

インテル コーポレーションCEOのブライアン・クルザニッチは3日、製作者や教育関連のコミュニティーで広く利用されているオープンソースのハードウェア・プラットフォームを開発する Arduino(*1) LLCと連携すると発表した。

クルザニッチは同時に、インテルアーキテクチャーを採用した初の Arduino 互換開発ボード製品となるインテルGalileo 開発ボードを公開した。

Arduino 互換の開発キットやソフトウェア・プログラミング・インターフェースを利用することで、芸術家やデザイナー、DIY 愛好家など技術にあまり精通していない人々でも、インタラクティブなモノや環境を容易に作れる。

インテルと Arduino コミュニティーは、広がる製作者のコミュニティーに向けて、インテル Galileo 開発ボードを基にインテルのテクノロジーの持つ性能や拡張性、可能性を備えた将来の製品の実現に向け緊密に連携する。

この一環として、クルザニッチは、今後 1 年半にわたり、インテルGalileo 開発ボード 5 万枚を世界中の大学 1000 校に寄贈すると発表した。

インテルはすでに、世界各地の大学 17 校と、インテルGalileo開発ボードを利用したカリキュラムの構築に着手しており、教育分野での取り組みを通じて、インテルテクノロジーの性能・機能を多くの教育者や学生が利用できるようにするという。

インテルでは、協業する大学が今後数カ月内でさらに増えると見込んでいる。

(*1)Arduino は、エレクトロニック・プロトタイプの製作を容易にすることを目的として 2005 年に始まったオープンソース・ハードウェア・プラットフォームのコミュニティー。Arduino は開発者やエンジニアではない普通の人が技術知識がなくてもインタラクティブな製品を作ることを可能にする。Arduino のエコシステムは、安価で簡単にマイコンのプログラミングを学ぶことができる小型電子ボード、ボードのプログラムに必要なフリーのソフトウェア、そして活気に満ちたコミュニティーという 3 つの異なる要素から成り立っている。

関連URL

インテル Galileo 開発ボード(英語)

問い合わせ先

インテルコーポレーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス