1. トップ
  2. データ・資料
  3. デジタル・ナレッジ/AL実施教員6割が「成果があった」

2015年12月7日

デジタル・ナレッジ/AL実施教員6割が「成果があった」

デジタル・ナレッジは、運営するeラーニング戦略研究所で、小中高校の教員100名を対象に、アクティブラーニングの実施状況に関する調査を実施し、その結果を4日に発表した。

d12383-64-890628-1調査は、アクティブラーニングを導入・実践している小中高校教員100名を対象に、10月7日~10月12日にかけてWebアンケート方式で実施した。

調査結果によると、小中高校で実施されているアクティブラーニングの手法は「グループワーク」79%、「問題解決学習」59%、「ディスカッション」56%の順に多く、学年・科目を超えて多方面的に活用されている状況が明らかになった。

特に小中学校では9割近くが「全学年」でアクティブラーニングを取り入れていた。

また、アクティブラーニングの実施する際の、環境整備や教員研修については、過半数の教員が「環境整備・設備導入は行っていない」と回答。

一方で、7割の教員が「研修への参加」「勉強会・模擬授業の実施」といった”指導力向上の取り組み”を行っていることが明らかとなった。

アクティブラーニングの成果については、「主体性が身に付いた」「理解度が高まった」など実に6割の教員が「成果があった」と回答。

なお、「成果があった」と回答した教員は、”環境整備・設備導入率””指導力向上の取り組み実施率”が高い傾向が見られ、これらがアクティブラーニングを効果的に実施するうえで重要な意味をもつ可能性も考えられるとしている。

関連URL

デジタル・ナレッジ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス