1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV Vol.35 広尾学園高校2年 山下 萌莉さん (後編)を公開

2016年2月10日

iTeachers TV Vol.35 広尾学園高校2年 山下 萌莉さん (後編)を公開

iTeachers TVは10日、iTeachers TV Vol.35、広尾学園高等学校 医進・サイエンスコース2年 山下  萌莉さんの「ICTが拡げる私たちの可能性 (後編)」を公開した。

山下  萌莉さん

山下 萌莉さん

広尾学園高等学校の医進・サイエンスコースでは、1人1台のパソコンを所持していることを活かし、「反転授業」を取り入れている。今回は、反転授業が医進・サイエンスコースの数学の授業でどのように行われているかを紹介する。

また、ただ反転授業を受けているという経験談だけではなく、山下さんたちの最近の取組、海外の大学が配信している英語の授業動画を翻訳するボランティア活動を行っていることについても紹介する。そこから、前編と合わせ、ICTが実際どのように生徒たちの可能性を拡げ、生徒たちが学校という場所に何を求めているのか、生徒目線で日頃感じていることを伝える。

山下さんは、広尾学園には中学から通っており、中学時代はインターナショナルクラスに所属。また、部活はディベート部に所属しているため、総じて話す機会には恵まれており、その延長で話したり何かを書いたりすることを好むという。医進・サイエンスコースには、主に授業内容に惹かれて進学を決定したとのこと。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、教育ICTコンサルタント 小池幸司氏による「教育現場で使えるiPadアプリ講座」。今回のテーマは「paper 53」。

小池さんは2011年3月、他の学習塾に先駆けてiPad導入を実現。教育現場におけるICTの導入・活用を推進すべく、講演や執筆活動を通じて自社のiPad導入事例やノウハウを発信。2013年3月にはiPad×教育をテーマにした初の実践的書籍「iPad教育活用 7つの秘訣」をプロデュース。iTeachers発起人。

□ ICTが拡げる私たちの可能性 (後編)

□ ICTが拡げる私たちの可能性 (前編)

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス