1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニーGED、学習履歴を安全に相互利用する技術開発

2016年2月23日

ソニーGED、学習履歴を安全に相互利用する技術開発

ソニー・グローバルエデュケーション(ソニーGED)は22日、分散型ネットワーク技術のブロックチェーンを応用し、学習履歴などの情報をオープンかつ安全に相互利用する技術を開発したと発表した。

ブロックチェーンは通信ネットワーク上に存在する端末や交換機に同一の記録を同期させる分散型ネットワーク技術。不特定多数の参加者間で、プログラムや情報の破壊、改ざんが困難なネットワークを作り、自由に権利を移転する目的に適している。

今回開発した技術は、ブロックチェーンを教育領域に展開するもので、個人の学習到達度や学習活動記録などのデータを、特定の二者間で暗号化された形で安全に利用することができる。

これにより、これまで困難だった、個人のリクエストに応じてネットワーク上で試験機関の結果を第三者の評価機関に安全に提供することや、一つの試験機関での結果を複数の評価機関が評価する仕組みが可能だという。

関連URL

ソニー・グローバルエデュケーション

 

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス