1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. AppleがWWDCを6月13日~17日サンフランシスコで開催

2016年4月20日

AppleがWWDCを6月13日~17日サンフランシスコで開催

Appleは19日、27回目となる恒例のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議=WWDC)を、6月13日から17日の5日間、サンフランシスコで開催すると発表した。

WWDCにはAppleのデベロッパコミュニティが世界中から一堂に会し、Appleの4つのソフトウェアプラットフォームであるiOS、OS X、watchOS、tvOSの未来について学ぶ。

基調講演を含む月曜日のキックオフイベントはBill Graham Civic Auditoriumで開催され、同じ週の残りのカンファレンスセッションはMoscone Westで行われる。

デベロッパは18日から米国太平洋夏時間4月22日午前10時(日本時間 4月23日午前2時)までに、WWDCウェブサイトを通じてチケットを申し込むことがでる。そしてランダムに選ばれた参加者にチケットが発行され、デベロッパは米国太平洋夏時間4月25日午後5時(日本時間 4月26日午前9時)までに申込み状況を知ることができる。

また、2年連続で最大350のWWDC Scholarship枠が用意されており、学生や世界各国のSTEM参加組織のメンバーを対象に、無料チケットとAppleのアプリケーション エコシステムのデベロッパと出会い、コラボレーションできるチャンスが提供されるという。

さらに今年は、財政的に制約がある意欲あふれる若いデベロッパがWWDCに参加できるよう、スカラーシップ対象者のうち最大125名に対して旅費を援助する。

WWDCのセッションは開催期間中を通じてWWDCのウェブサイトおよびWWDCアプリケーションを通じてライブストリーミングされ、世界中のデベロッパが最新の情報にリアルタイムでアクセスすることができる。

関連URL

チケット申込

WWDC Scholarship

WWDCのライブサイト

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス