1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. KDDIとHAKUTO、月面レースに向けローバーフライトモデルのデザインを決定

2016年8月30日

KDDIとHAKUTO、月面レースに向けローバーフライトモデルのデザインを決定

ispaceが運営する月面探査チームHAKUTOとKDDIは29日、ロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE (グーグル・ルナ・エックスプライズ)」で月面を走行することになるローバーフライトモデルのデザインが決定したと発表した。

hokuto「Google Lunar XPRIZE」は民間組織による月面無人探査を競う国際レース。レースのミッションは月面に無人探査機を着陸させ、着陸地点からローバーで500m以上走行し、搭載されたカメラで動画や静止画データを撮影して地球に送信すること。通信技術もまた重要な役割を担っているため、auがHAKUTOを技術的にサポートしている。

今回のフライトモデルでは、コストの削減とパフォーマンスのバランスが最適になるよう、様々な改良が施され設計がなされている。

コスト面では、従来のモデルで約7kgあったローバーの重量を約4kgに小型化・軽量化することで、1kgあたり約120万米ドルかかるローバーの打ち上げ費用を削減した。また特注品の代わりに、過去に実験用・工業用として開発され使用実績のある製品を活用することで、コストを抑える工夫をしている。

パフォーマンス面では、過酷な宇宙空間に対応するための「耐震設計」「熱対策」「電力」「耐放射線」など様々な観点から工夫が施されている。また「通信」の技術に関しては、100パターンを超えるアンテナ位置の検証を行い、2.4GHzと900MHzの2つの帯域を活用することで、通信を途切れさせない工夫がなされているという。

今回決定されたデザインをもとに、2017年1月までに月面を走行する実機を製造し、同年中に月面へ向けて打ち上げる予定となっている。今回のローバーのデザイン決定には「HAKUTO」に協力する民間企業からも期待の声が上がっている。

関連URL

au×HAKUTO MOON CHALLENGE 

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス