1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 民間月面探査チーム「HAKUTO」、チームインダスと“相乗り”契約を締結

2016年12月22日

民間月面探査チーム「HAKUTO」、チームインダスと“相乗り”契約を締結

ispaceは20日、同社の運営する民間月面探査チーム「HAKUTO」が、新たにチームインダス (TeamIndus) と、チームインダスが開発する月着陸船 (ランダー) でHAKUTOの月面探査ロボット (ローバー) を月面まで輸送する“相乗り”契約を締結したと発表した。

HAKUTOは、ロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE (グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦するチーム。ベンチャー、大学、ボランティアと、さまざまなバックグラウンドを持った人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボットを開発し、世界初の民間月面探査を目指している。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。

一方、チームインダスはインドのバンガロールを拠点に、Google Lunar XPRIZEに参加するチーム。ランダーとローバーの両方の開発を手がけ、昨年にはGoogle Lunar XPRIZE中間賞のLanding (着陸技術) 部門を受賞するなど、ランダー開発の技術力にも定評がある。Google Lunar XPRIZEでは、2017年以降もレースに参加し続けるためには、レースを運営するXPRIZE財団から12月31日までに打ち上げ契約を承認される必要があるが、チームインダスはすでに承認を得ており、HAKUTOも今回の“相乗り”契約によって承認されることとなった。

なお、インダスで相乗りを行う場合の打ち上げ予定日は2017年12月28日、打ち上げ場所はインド・シュリーハリコータのサティシュ・ダワン宇宙センターの予定。

関連URL

チームインダス

HAKUTO

Google Lunar XPRIZE

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス