1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 民間月面探査チーム「HAKUTO」、チームインダスと“相乗り”契約を締結

2016年12月22日

民間月面探査チーム「HAKUTO」、チームインダスと“相乗り”契約を締結

ispaceは20日、同社の運営する民間月面探査チーム「HAKUTO」が、新たにチームインダス (TeamIndus) と、チームインダスが開発する月着陸船 (ランダー) でHAKUTOの月面探査ロボット (ローバー) を月面まで輸送する“相乗り”契約を締結したと発表した。

HAKUTOは、ロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE (グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦するチーム。ベンチャー、大学、ボランティアと、さまざまなバックグラウンドを持った人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボットを開発し、世界初の民間月面探査を目指している。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。

一方、チームインダスはインドのバンガロールを拠点に、Google Lunar XPRIZEに参加するチーム。ランダーとローバーの両方の開発を手がけ、昨年にはGoogle Lunar XPRIZE中間賞のLanding (着陸技術) 部門を受賞するなど、ランダー開発の技術力にも定評がある。Google Lunar XPRIZEでは、2017年以降もレースに参加し続けるためには、レースを運営するXPRIZE財団から12月31日までに打ち上げ契約を承認される必要があるが、チームインダスはすでに承認を得ており、HAKUTOも今回の“相乗り”契約によって承認されることとなった。

なお、インダスで相乗りを行う場合の打ち上げ予定日は2017年12月28日、打ち上げ場所はインド・シュリーハリコータのサティシュ・ダワン宇宙センターの予定。

関連URL

チームインダス

HAKUTO

Google Lunar XPRIZE

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス