1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ナレッジキャピタル超学校「対話で創るこれからの『大学』」開校

2016年9月30日

ナレッジキャピタル超学校「対話で創るこれからの『大学』」開校

ナレッジキャピタルは29日、KMOならびに大阪大学COデザインセンターとともに、ナレッジキャピタル超学校「対話で創るこれからの『大学』」開校を決定したと発表した。

0930-oosakaナレッジキャピタル超学校は、大学や企業、研究機関などのさまざまな分野の研究者と一般参加者が一緒に考え、対話するプログラム。会議室での授業形式ではなく、開放感のあるカフェ空間でドリンクを飲みながら受講できるのが特徴。今回は、この夏新たに誕生した大阪大学の教育研究拠点「大阪大学COデザインセンター」との共催で、全8回の講座を開催する予定。

内容は、「教育」に焦点をあて、大学教員と各分野で活躍する専門家の対談形式で、一般参加者とともに社会に実装する力「高度汎用力」とは何か、その力はどのように培われていくのか、ということについて考える。

第1回のテーマは「社会の公器としての大学」。講師に、大阪大学副学長の小林傅司氏、建築家の馬場正尊氏を迎え、既存の常識をいったん解体して再編集・再構築するという観点から、未来の「大学」について考える。

第2回のテーマは「技術と不満のつなぎ方」。講師に大阪大学大学院工学研究科教授の藤田喜久雄氏、ビーサイズ代表取締役社長の八木啓太氏を招き、これからの「ものづくり」で求められる革新について考える。

開催概要

第1回10月17日 (月) 、第2回11月17日 (木)
時間 : 19:00~20:30 (開場18:30)
会場 : グランフロント大阪北館1F「カフェラボ」[大阪市北区大深町3-1]
対象 : 高校生以上
定員 : 各回50名 10月3日からホームページで事前申し込み受付 (先着順)
料金 : 500円 (1ドリンク代)
第3回以降の開催については随時公式HPに掲載

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス