1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 全国ICT教育首長協議会、第1回総会と活動方針検討会を開催

2016年10月19日

全国ICT教育首長協議会、第1回総会と活動方針検討会を開催

全国ICT教育首長協議会は19日、第1回総会を開催し規約と役員を承認。つづいて、活動方針検討会を開催した。

全国ICT教育首長協議会議

全国ICT教育首長協議会議

活動方針検討会の冒頭、初代会長となった佐賀県多久市の横尾俊彦市長は挨拶し「協議会は、ICT教育全国首長サミットつくば宣言を踏まえ、地域内外の教育資源を効果的に結びつけ、教育の情報化を加速させるために自治体相互の連携を図ることを目的としている。現在の加盟自治体は107だが、早急に300位までは増やしたい。来年2月には“ICT教育首長サミット”を開き、全国の自治体のICT活用事例を紹介したり、“ICT教育アワード”などの表彰も実現したい」と今後活動について語った。

来賓挨拶に登壇した文部科学省生涯学習政策局情報教育課の磯 寿生課長は、「AIやグローバル化など社会は加速度的な変化を遂げている。そうした時代を生き抜く子どもたちには“情報対応能力”や“仮題解決能力”が求められる。中教審のまとめでも、そうした未来を生きる子どもたちには、ICT活用は不可欠だとしている。文部科学省は協議会と連携して全力で、ICT活用普及に取り組んでいきたい」と意気込みを述べた。

活動方針検討会

活動方針検討会

その後、全国の協議会加盟自治体から集められた「わがまちのICT教育の課題と取組」を元に、「教育情報化加速に向けた政策提言」、「効率的な環境整備」、「地域創生と教育情報化の情報発信」、「教員の指導力向上・研修」の4つのテーマで活動方針検討会が行われた。

協議会では今後、会員の交流と情報交換のためのポータルサイトも計画しているという。

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス