1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 全国ICT教育首長協議会、総会で「教育クラウド時代の共同調達パッケージ」 を議決

2019年5月22日

全国ICT教育首長協議会、総会で「教育クラウド時代の共同調達パッケージ」 を議決

全国ICT 教育首長協議会は22日総会を開催し、2019年度事業計画において、Society5.0実現に向けたクラウドを活用した教育環境の導入加速のためのActionPlan 2019「教育クラウド時代の共同調達パッケージ 」を決議した。

0522-kubi
コストダウンによる全国一斉普及を目標としたActionPlanは、
1.「学校 ICT 環境」の新しい提供モデルの検討
2.地方公共団体の垣根を越えた共同調達の呼びかけ
3.全国の調達量を集めて、ダイレクト交渉
4.ネットワーク、パブリッククラウド等の活用研究
を骨子としたもの。

「学校 ICT 環境」の新しい提供モデルの検討では、文部科学省、総務省、経済産業省および民間企業や団体と連携して、仕様の規格統一を諮るとともに、「児童・教員用PC等パック」「教室環境パック」「ネット環境パック」「教材・その他パック」などの調達パッケージを開発、参加自治体を募るという。

地方公共団体の垣根を越えた共同調達の呼びかけでは、市町村や県の単位では実現できない大量一括購入によるディスカウントを実現するため、県の垣根を越えた「教育クラウド時代の共同調達パッケージ 」の実現を目指すとしている。

総会の冒頭挨拶した、全国ICT教育首長協議会の会長である横尾俊彦多久市長は「日本の社会が目指す“人生100年”、“Society5.0”を実現するためにICTリテラシーは欠かせない。しかし、教育現場のICT環境整備は遅れていて、このままでは世界から取り残されてしまう。政府が本腰を入れて取り組もうとしても、なかなか自治体まで届かないということもある。ActionPlanを実現するためにも、加盟自治体を増やしていきたい」と、決意を語った。

現在、全国ICT教育首長協議会の加盟自治体数は、128。

政府統計の総合窓口(e-Stat)によれば、5月22日現在、日本の市町村の数は、1,724。ICT教育の環境整備はまだまだという自治体こそ、全国ICT教育首長協議会の利用価値は高いのではないだろうか。

関連URL

全国ICT教育首長協議会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 基本機能だけならずっと無料 デジタル採点システム 無料Webセミナー 10/5(火) 16:30~開催 先着順にてお申し込み受付中 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス