1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 千葉大生の「セキュリティバグハンティングコンテスト」開催

2016年11月26日

千葉大生の「セキュリティバグハンティングコンテスト」開催

千葉大学は24日、セキュリティバグ報告奨励制度を新たに設け、学内の情報システムとウェブサイトを対象としたセキュリティバグハンティングコンテストを開催すると発表した。

main学生のセキュリティに対する興味と意識の向上、社会に求められるセキュリティ人材の輩出に応えるのが目的。

参加者は千葉大学の学生に限定。12月15日に実施されるセキュリティに関する法律・倫理・技術を含む講習をすべて受講した学生に「ハンターライセンス」を付与。ハンターは、指定期間内に指定されたサイトの脆弱性やバグを探索し、その結果をまとめたレポートを提出。有識者によってレポートを審査し、優秀者を表彰、副賞を授与する。

一般のセキュリティバグ奨励金制度とは異なり、バグの発見だけでなく、提出されたレポートについても評価を行うとしている。なお、脆弱性発見に定評があり、セキュリティ教育にも知見を有する民間の有識者、長谷川陽介氏をアドバイザーとして迎えるという。

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス