1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 縦書きWeb普及委員会、「たてよこWebアワード」を開催

2016年11月30日

縦書きWeb普及委員会、「たてよこWebアワード」を開催

縦書きWeb普及委員会は29日、Webにおける縦書きの実際の利用を普及促進させ、 インターネット上のデザインや表現を多彩にするために、CSS Writing Modes (*1)
Level 3を利用したWebサイトを募集・選考する「たてよこWebアワード」を開催すると発表した。

今回開催する『たてよこWebアワード』は、昨年開催した『縦書きWebデザインアワード』の応募要件をより柔軟なものとし、個人作品から商用サイトまで、縦書きと横書きが効果的に使用され、これからのWebスタンダードの指標となる優れた表現・技術・アイディアを、法人・個人に関わらず表彰するアワード。

応募対象者は、主にWebデベロッパー、デザイナー、クリエーターなど。年齢、国籍、個人、法人を問わない。新規に制作したWebサイトだけでなく、既存のWebサイトや商用サイトの応募も可能。

これまで縦書きWeb普及委員会(正式名称:次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会)は、日本語独特の表現、特に縦書きの表現をWebブラウザや電子書籍で実現するために、Webに関する国際標準化団体であるW3Cにおいて標準化の活動を進めてきた。

このような活動の結果、各ブラウザベンダーやW3Cによる「縦書き」のCSS実装や勧告も進み、現在は主要Webブラウザにおいて縦書きの表現が可能となった。そこで更なる縦書きWebの普及促進を図るため、本アワードを開催することにしたという。

*1:CSS writing-modeとは、文字表記の方向(縦横)を指定するCSS要素のこと。

開催概要

開催期間:2016年12月~2017年3月
募集内容:CSS writing-modeによる縦書きを使用し、クロスブラウザを実現したWebサイトを募集する。特に、優れた表現、技術、アイディアにより、縦書きの新たな可能性を感じることができるWebサイトを表彰。入選・入賞にかかわらず応募サイトは原則すべて公開。コンテンツ素材は問わない。(必要に応じて自身にて事前に著作権等の利用許諾を得ること)

作品形態:自由形式。縦書きWebサイトをWeb上に公開(商用サイトも可)
募集対象者:Webデベロッパー、デザイナー、クリエーターなど(年齢、国籍、個人、法人を問わない)
応募方法:応募フォームに必要事項とWebサイトのURLを記入し、応募規約に同意の上、①Webサイトの制作意図、②縦書きを利用して実現したいこと、③評価して欲しいポイントを必ず明記の上、応募する。詳細は後日Webサイトに掲載。
応募期間:2016年1月~2月末
表彰:最優秀賞、優秀賞など(賞金、副賞あり)
選考方法:CSS writing-modeによる縦書きの使用と、クロスブラウザにおける完成度を基準に、おもに有用性、新規性、デザイン性の観点から、W3Cメンバーを含む縦書きWeb普及委員会が審査を実施。
結果発表:2017年3月中旬、Webサイトにて発表
表彰式:2017年4月中旬、CSS Working Group内(都内会場)にて表彰式

関連URL

たてよこWebアワード

縦書きWeb普及委員会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス