1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本人を悩ませるのはやっぱりあの発音、スタディサプリENGLISH

2017年1月17日

日本人を悩ませるのはやっぱりあの発音、スタディサプリENGLISH

リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリENGLISH」は16日、英語学習の悩みに答えるNews Letter Vol.2として、社会人の英語学習に関するアンケート結果をまとめ発表した。

d10032-248-746223-0アンケート調査は2016年11~12月に実施したもので、「スタディサプリENGLISH」会員を対象に1018の回答数を得た。

いつも日本人を悩ませる英語独特の発音は、本人が持つ苦手意識だけでなく、思わぬミスコミュニケーションを生むこともある。今回のアンケートによると、そんな苦手な発音の多くを占めたのは、世代を問わず「LとR」(40.8%)、「th」(18.5%)、「siとsh」(8.4%)。この3つで全体の約70%近くを占めた。

アンケート回答の中には、「自分の発音Love(好き)が外国人にはRove(さまよってる)と聞こえていた」(男性10代)、「お米の話になってRiceと発音したつもりだったのですが、相手にはLiceと聞こえてしまったようでお米をシラミと勘違いされたまま話をしていたことがありました」(男性20代)というものも。

さらに、「Pepsicolaを注文したのに、わからない模様。どうもPepshiと日本語風に発音したのがまずかったらしい」(男性50代)、「お会計の時にお客様に言われたBillとビールのBeerを聞き間違えてしまった」(女性20代)、「Have a good day pleaseと伝えたつもりが、good dieと聞こえたと外国人の知り合いに言われた」(男性20代)など、発音から生まれる思わぬミスコミュニケーションもあった。

なお「スタディサプリ ENGLISH」では、冬得キャンペーンを1月18日から2月1日12:00まで実施。先着2017名限定で、通常価格では2カ月分お得な年間パック9800円 (税別)がさらに、実質月額が600円(税別)、4カ月分が無料になる。

関連URL

冬割キャンペーン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス