1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. STEM教育プログラム「Girls’ Rocketry Challenge」第1期生が修了式

2017年6月14日

STEM教育プログラム「Girls’ Rocketry Challenge」第1期生が修了式

日本ロッキード マーティンは13日、STEM教育プログラム「Girls’ Rocketry Challenge(女性ロケットチャレンジ)」第1期の全プログラム完了を記念して、10日に修了式を行ったと発表した。

「Girls’ Rocketry Challenge」は、次世代の科学者・エンジニア・数学者の好奇心を刺激し、理工系キャリアに対する関心を喚起することを目的に、モデルロケットを使用した体験型のSTEM教育プログラム。日本モデルロケット協会の協力のもと、2016年10月から6カ月にわたり実施された。

第1期の参加者17名は、同協会の指導のもとオリジナルのモデルロケットの開発に取り組み、モデルロケット4級ライセンスも取得。2017年5月27日には、同協会が主催する第30回モデルロケット全国大会で自作のモデルロケットを打ち上げた。また、あわせて、同大会の上位入賞者への表彰も行った。

日本ロッキード マーティンでは「Girls’ Rocketry Challenge」の第2期に向けて、2017年7月に新たに参加校を募集する。第2期においては、モデルロケット全国大会上位入賞者への表彰に加えて、8月のロケット甲子園の優勝チームも支援する。優勝チームは、2018年開催のファーンボロー国際航空ショーで、フランス、アメリカ、イギリスの学校選抜チームとの国際競技に臨むという。

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス