1. トップ
  2. データ・資料
  3. 現役高校生の約3割強が「専門職大学」進学に興味、辻調グループ調べ

2017年6月13日

現役高校生の約3割強が「専門職大学」進学に興味、辻調グループ調べ

辻調理師専門学校は12日、高校生・大学生・保護者の男女300名を対象に、6月1日~4日にインターネットを通して実施された「専門職大学における意識調査」の結果を発表した。

d16404-37-417188-2専門職大学とは、既存の大学や短大と異なり、ITや農業、観光などの分野で新たなサービスを生み出し、牽引役を担える即戦力の人材を育てることを目指す新たな高等教育機関。教育課程は産業界と連携し、卒業に必要な単位の3~4割以上を現場の実習などで習得させるほか、専任教員の4割以上を実務家が担うなど、実践重視のカリキュラムが予定されている。さらに卒業後には、大学や短期大学と同様に「学士」「短期大学士」が与えられる。

今回の調査結果によると、高校生の進学先としては4年制大学が60.0%と根強い人気を誇った。専門職大学の認知度は全体で28.4%、保護者より学生の方が6.5ポイント高い30.5%となった。

学生が学びたい専門分野ランキングでは、1位「医療」33.0%、2位「食」25.0%、3位「IT」20.0%という結果となった。学校選びの基準では、高校生が最も重視している割合が多かったのは「将来、就きたい仕事につながる」(複数回答で83.3%)、大学生が現在の進学先を選ぶ際に最も重視したこととしては「専門的な知識や経験が得られる」という回答が最も多く7割近くを占め、ともに「将来、就職の選択肢が広がるかどうか」を重視していることがわかった。

高校生、大学生に対して専門職大学・専門職短期大学に進学してみたいかどうかを訊ねたところ、全体では、進学してみたい・やや進学してみたいと回答した割合が32.5%となった。一方で、保護者の4割 (39.0%) が子どもの専門職大学への進学に賛成。「反対する」と答えた保護者は12.0%にとどまり、専門職大学を認知している保護者には好意的に受け入れられていることが窺えた。賛成する理由としては、「質の高い専門性が身につく」(71.8%) や「学位が授与され、就職に有利そう」(51.3%) などの答えが多かった。

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス