1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 今年マーケ担当者が注目したキーワード、1位は「人工知能」

2016年12月16日

今年マーケ担当者が注目したキーワード、1位は「人工知能」

ジャストシステムは15日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「マーケティングトレンドに関する調査 【2016年版】」の結果を発表した。

report-marketing-trend-20161215本調査は、事前のスクリーニング調査で「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した全国の20~50代の男女479名を対象にしたもの。

2016年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」(38.8%)、次いで「ポケモンGO」(36.7%)、「ドローン」(32.4%)となった。

マーケティング担当者が、2017年に最も注目したいキーワードの1位は「人工知能・AI」(38.6%)。マーケティング担当者にとって、「人工知能・AI」は2016年から引き続き注目すべきキーワードのようで、次いで「IoT」(25.3%)、「VR/AR」(24.0%)だった。

また、非常に関心があり、今後も注目していきたい媒体として「インターネット(スマートフォン以外)」(76.4%)を挙げる担当者が最も多いという結果に。次に「スマートフォン」(70.8%)で、2015年12月に行った同調査(57.5%)と比較すると、スマートフォンの媒体としての注目度は13.3ポイント増加した。

マーケティング担当者の情報源は、1位「Webサイト」(65.1%)、2位「テレビ」(42.4%)。ビジネスにおける情報源としてSNSを利用している人のうち、「LINE」を利用している人が最も多く80.2%、次いで「Facebook」(79.1%)、「Twitter」(71.4%)となった。

関連URL

調査結果レポート

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス