1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約2割が「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」

2017年11月2日

約2割が「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」

ジャストシステムは1日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「人工知能&ロボット月次定点調査」の結果をまとめ発表した。

fa_report-ai-20171101.pdf-000058現在、AIやロボットは、音声や話し方、見た目が人間らしいものから、そうでないものまで幅広く存在しているが、今回の調査結果によると、AIやロボットの音声や話し方、見た目について、「人間らしい方がよい」と思っている人は21.2%と全体の約2割だった。

一方、「人間らしくない方がよい」と思っている人は15.1%、「提供するサービスによって、人間らしさとロボットらしさを使い分けるべきだ」と思っている人は50.7%だった。

また、15%の人が「家庭用ソーシャルロボットに興味あり」と回答する一方で、6割以上の人が「AIによる個人情報収集に、不安を感じる」と回答。画家や陶芸家などの芸術家は、3人に2人がAIに「置きかわってほしくない」と答えた。

この調査は、15~69歳の男女1100人を対象に、9月29日~10月1日、セルフ型ネットリサーチ Fastaskでアンケート調査したもの。

関連URL

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス