1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 慶応大発AIベンチャーが「感性解析」専門の人工知能研究所を設立

2017年11月2日

慶応大発AIベンチャーが「感性解析」専門の人工知能研究所を設立

慶応大学発のAIベンチャーSENSYは1日、ディープラーニング技術を用いて「感性解析」を専門に行う人工知能研究所「SAILS(セイルズ)」を設立し、千葉大学准教授の岡本卓氏を取締役CRO兼研究所代表として招聘したと発表した。

同社は、2011年11月の創業時から「カラフル・ボード」として事業展開してきたが、第7期目を迎える11月1日から、SENSYの人工知能事業に活動を集中すべく、社名を「SENSY」に変更した。

「SAILS」は、SENSY AI Laboratoriesの略。さまざまなライフスタイルの「感性解析」に特化した、独自のディープラーニング技術の研究開発を行う。研究対象データは画像、自然言語、音声、生体データなど多岐に渡る。多様なデータの組合せから人の感性をパーソナルに解析する。

また、研究所設立に伴い、AI関連分野の研究者採用を強化し、2020年までに30人規模の研究所を目指すという。

パーソナル人工知能「SENSY」は、ユーザーの「感性」を学習していく1人1台の人工知能。2014年11月にファッションアプリとしてリリース。現在では、マーケティング、需要予測、新商品開発、店舗接客、EC接客、カスタマーサービスなど幅広いソリューション群を展開。事業ドメインもファッションから食品、美容・健康食品、旅行など幅広いライフスタイルに拡大している。

関連URL

SENSY

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス