1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. セミナー『教育現場における著作権教育の必修化について考える』10月17日開催

2017年9月29日

セミナー『教育現場における著作権教育の必修化について考える』10月17日開催

サーティファイ 著作権検定委員会は、セミナー『教育現場における著作権教育の必修化について考える』を、東京・丸の内の東京国際フォーラムで10月17日開催する。

近年、PCやスマートフォンの普及に伴い、自ら制作した文章や音楽、写真、絵などのコンテンツを手軽に発信することが可能となり、誰もがクリエイターになる機会がもたらされた。

当セミナーでは、現職の教員や今後教員を目指す学生に、「知的財産教育」が学習者の「創造性育成」を促進する重要性について講演を行う。講師は、山口大学 知的財産センター副センター長 木村 友久 教授、内閣府 知的財産戦略推進事務局 参事官 仁科 雅弘 氏、コンピュータソフトウェア著作権協会専務理事 久保田 裕 氏。

開催概要

開催日時:2017年10月17日(火)18:30~20:30
開催会場:東京国際フォーラム ガラス棟会議室 G407 [東京都千代田区丸の内三丁目5-1]
参加費:無料
募集人数:70名
参加資格:誰でも参加できる(応募者多数の場合は教育関係者優先)
講演内容:
■知的財産教育が学生にもたらす価値創造について
講師:久保田 裕(コンピュータソフトウェア著作権協会 専務理事)
■山口大学の「実践的知的財産教育」とその思想について
講師:木村 友久(山口大学 知的財産センター副センター長)
■内閣府 知的財産戦略推進事務局が目指す「知的創造教育」について
講師:仁科 雅弘 (内閣府 知的財産戦略推進事務局 参事官)
■「知的財産教育が導く未来」(パネルディスカッション)
講師:木村 友久  仁科 雅弘  久保田 裕

申込・セミナー特設ページ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス