1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. データサイエンス人材を産学連携で育成、コンソーシアムを設立

2017年9月29日

データサイエンス人材を産学連携で育成、コンソーシアムを設立

東京大学数理・情報教育研究センター、日本電気、三井住友フィナンシャルグループ、新日鉄住金ソリューションズは28日、データサイエンス人材育成のためのUTokyo MDSコンソーシアム (東京大学数理・データサイエンスコンソーシアム) を10月1日付で設立し、会長に日本電気の西原基夫執行役員が就任すると発表した。

東京大学では、政府の「数理・データサイエンス教育の強化」事業の一環として、数理・情報教育研究センターを今年2月に設置しているが、産業界が同センターの活動を支援するとともに、産学連携の成果を産業界の発展に活用するなどの活動の推進母体として、今回のコンソーシアムの設立に至った。

同コンソーシアムでは、産業界の要望をとりまとめながら、データサイエンス分野において、社会人へのリカレント教育プログラムの共同検討、実社会で活躍する人材の育成に役立つ教材 (分析ツールやデータ) やインターンシップ機会の提供、トップクラス研究者との交流、社会課題解決のための議論の場の設定、共同研究/技術指導のマッチングなど、複数のプログラムの実施を予定している。まずは、この分野の社会的リテラシー向上のために社会人向け教育プログラムを産学で開発し、来年度から実施していく。

西原会長は「データサイエンス人材の不足、および、データ活用の遅れが問題化しており、その解決のために東京大学と産業界が強く連携し、日本の産業競争力、そして、日本の将来が期待できるものになるように尽力する」としている。

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス