1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「はんだ付け検定」実技試験の解説Webサイトをオープン

2019年3月28日

「はんだ付け検定」実技試験の解説Webサイトをオープン

日本はんだ付け協会は27日、「はんだ付け検定」の受験者が実技試験の課題の内容を理解して、受験前に自分で技能を磨くための解説Webサイトを立ち上げた。

0328-hnd同協会は、正しいはんだ付けの基礎知識と技術を継承することを目的に、2009年10月に設立。事業の一環として「はんだ付け検定」の認定業務を行っており、ISO9001などで求められる第3者機関の技能者認定にも対応が出来るようにしている。

3月現在で、受験者数2000人、はんだ付け講習の受講者数約3200人にまで広がりを見せてきたが、推定20万人といわれる全国のはんだ付け従事者(電気関係の企業2万社×10人と仮定して算出)の、まだほんの一部。

そこで同協会は、「はんだ付け検定」を多くの人が利用できるように、実技試験の課題について詳しく解説するWebサイトをオープン。同時に、親しみを持ってもらうために、「はんだ付け検定」を「だつけん」の愛称にした。(ドメインもdatsuken.comに)

同協会は今回、社内で認定取得者を増やしたいが、「講習会場が遠くて受講が難しい」「講習日とスケジュールが合わない」「社内に認定者はいるが横展開が進まない」などといった企業が、自社内ではんだ付け教育を実施して、「はんだ付け検定」を受験できる環境を整えた。

関連URL

はんだ付け検定

「はんだ付け検定」実技試験の解説

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス