1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 埼工大、「SIP 自動走行システム」の大規模実証実験に参加

2017年10月18日

埼工大、「SIP 自動走行システム」の大規模実証実験に参加

埼玉工業大学(埼工大)は16日、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)(*1)「自動走行システム」/大規模実証実験」参加機関として、お台場周辺地域で公道における実証実験を開始したと発表した。

実験車両

実験車両

今回SIPでは、自動走行システムの実用化の加速を図るために国内外の自動車メーカー等21機関が参加した大規模な実証は実験がスタート。同学はこの国家プロジェクトに世界的な大手自動車メーカーと共に、私立大学としては唯一、本実証実験に参加している。

レベル3以上の自動運転システムの実現には、車両とインフラ両方の相補的な開発が必要。「SIP 自動走行システム」は、実証実験を通してこれらを取りまとめた標準規格の作成(デジュール標準化とデファクト標準化)を目指すもので、ドイツの自動車産業も多数参加している。この実証実験に参加し、世界で売れるレベル3以上の自動運転システムに必要な要素技術の開発に関わることは、将来エンジニアを目指して同学で学ぶ学生にとって貴重な経験になるという。

埼工大は、本実証実験において、自動走行に必要なインフラの一つである高精度な3 次元デジタル地図(ダイナミックマップ)に関して、(1)静的高精度3D 地図データの仕様・精度の検証、(2)データの生成・更新・配信システムの検証、(3)インフラ等により提供される動的情報の車載器上での紐付け検証、の実証実験に参加していく予定だという。

*1:戦略的イノベーション創造プログラム=SIP ( Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program)とは、科学技術の司令塔機能をもつ内閣府総合科学技術・イノベーション会議が、府省庁の枠や旧来の分野を超えたマネジメントにより科学技術イノベーションを実現するために創設した国家プロジェクトのこと。

関連URL

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

埼玉工業大学

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス